スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事退院

無事退院して帰ってきました。

大腸にカメラを入れる検査だったので、
まず前準備として下剤を大量に飲まされました。

下剤ってビックリするぐらい効果あるものなんですね。
飲んでからは10分毎にトイレに行ってました。

まあ私の場合は特に効きが良かったらしく、
2L飲まないといけない所を1.5Lで「もういいですよ~」と。
決しておいしい物ではないので、早く解放されて本当に良かったなと。


さてさて、検査では小腸の入り口までカメラを入れたんですが、
麻酔していたにも関わらず痛い痛い。

本当は麻酔しなければ日帰りの検査で済んだのですが、
あの苦しさということを考えると、麻酔してもらっていて良かったなと。


検査の後で色々と説明を受けたんですが、
おなかの痛いやら手足が痺れてるやら気持ち悪いやらで、
その時の説明は断片的にしか記憶になかったり(汗)

結局そのあと夕飯まで寝て、ふらふらしながら夕飯を食べて、そのまま寝たという・・・
時間余裕あり過ぎだろう、と思って暇つぶし用に持って行ったラノベがほとんど読めませんでした(笑)



未成年は検査時に親同伴ということで、先生の説明の内容は親から聞きました。

なんでも大腸の局所的に炎症があるようですが、
炎症の程度は軽いらしいです。ヨカッタヨカッタ。

いったい何の病気なのかまだはっきりしていないのですが、

・ウィルス性大腸炎
・潰瘍性大腸炎
・クローン病

このどれかだろう、ということだそうです。
検査時に取ったサンプルの結果や経過を見ないと断定できないらしい。

ウィルス性であれば薬で治るようですが、
他の二つは原因不明で特定疾患に指定されている模様。
しかも残念ながら若い人だと後者2つの可能性が高いとか。

ちなみにその2つは痩せやすいらしいです。
痩せているという点では見事に一致してしまいました。


潰瘍性大腸炎とクローン病は基本的に治すことはできない病気らしいので、
もしそうならそうなったで、上手く付き合っていくしかないなと。

もちろんまだウィルス性である可能性もあるわけですし、
結局のところは結果待ちということですね。



ちなみに病院の食事は思っていた程薄味ではありませんでした。
ただ量が少ないので物足りない印象。

まあ夕飯はそもそも何食べたのか記憶があやふやですし、
朝食はもともと少なめに設定されていた可能性もあるんですけどね。

⇒comment

Secret

カウンター
Twitter
プロフィール

ザイル

Author:ザイル
昼寝したりBMSやったり友人とskypeしたり…という生活を送ってる大学生。

日本語がおかしいことが結構ありますが、生暖かい目で見守ってやってくださいませ。

・メール theiru113☆gmail.com
☆→@

このブログについて

ニコニコ投稿動画
公開しているもの
■ツール
AviUtl for アニメーション編集補助ツール(Excel表)
早送り・カット編集用のスクリプトを自動生成します。

■特定ゲーム専用
ぱるマネ(仮)
ぱるメロ!のランキングを確認したり、複数データの管理ができます。
ぱるメロ!別キャラダブル用成績表
ダブル楽しいですよ^^
ブログランキング
こんなのはじめてみた。 よかったら押してくださいませ。
blogram投票ボタン
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
勝手ながらリンクさせて頂きました。何か問題がありましたら連絡していただけると助かります。
カテゴリ
BMS (8)
pal-melo成績表

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。